木のおもちゃの消毒方法!カビ臭いときの解決方法も紹介

木のおもちゃ 消毒方法
  • 木のおもちゃはどうやって消毒するの?
  • 木のおもちゃがカビ臭いときは捨てるしかないの?
  • 変色・変形しないお手入れ方法が知りたい

やわらかい材質と温かみが人気の木のおもちゃ。

長い間遊べるのでお下がりでもらうことも多いけど、消毒の仕方が分からなくて困ってしまいますよね。

特に赤ちゃんの時期はなめてしまうので、衛生面には気をつけたいです。

本記事では「木のおもちゃの正しい消毒方法」と「カビが生えたときの対処法」を解説します。

目次

木のおもちゃの消毒方法は3つ

木のおもちゃの消毒方法は3つあります。

  • 陰干しする
  • 除菌シートで消毒する
  • 除菌スプレーで消毒する

陰干しする

木のおもちゃを湿気を帯びたまま放置すると、雑菌やカビの原因となります。

しっかり乾燥させることで、木のおもちゃも清潔に保てます。

乾燥させるときの注意点は、直射日光ではなく陰干しをすることです。

木のおもちゃを直射日光に当てて天日干しすると、ひび割れや変形の原因となります。

必ず風通しの良い日陰で乾燥させましょう。

除菌シートで消毒する

除菌シートで木のおもちゃを拭くことで消毒できます。

ただしアルコールが入っていると変色することがあるので、アルコール無添加の物を使用してください。

赤ちゃん用のウエットシートなら、アルコール無添加のものが多いので安心して使えますよ。

除菌スプレーで消毒する

除菌スプレーで消毒する方法もあります。

ただしおもちゃに直接吹きかけると、変形したり変色したりする原因になるので厳禁です。

一度布にスプレーしてから、優しく拭き取るようにしてください。

除菌スプレーもアルコール無添加のものを使うようにしましょう。

木のおもちゃがカビ臭い!カビが生えたときの対処法

おもちゃにカビが生えてしまったときは、次の方法を試してみてください。

  1. 表面のカビを除菌シートや除菌スプレーを染みこませた布で拭く
  2. 残ったカビを紙やすりで削り取る
  3. 陰干しでしっかり乾燥させる

これでカビのお手入れは終了です。

しかし、目に見えないカビの根が木材の奥に残っている可能性があります。

気になる人は使用を控えるようにしてください。

木のおもちゃを消毒する時の注意点は2つ

おもちゃを消毒するときに注意することは2つです。

  • 変色しないように注意
  • 色落ちしないように注意

変色しないように注意

木のおもちゃは除菌シートやスプレーに入っている成分によって、変色してしまうこともあります。

アルコールは厳禁ですが、アルコール無添加だから絶対大丈夫というわけではありません。

おもちゃを拭く時には、目立たないところで少しずつ試しながら消毒してください。

また、直射日光に当てることでも変色してしまう恐れがあります。

木のおもちゃを干すときは必ず陰干しをしてくださいね。

色落ちしないように注意

塗装のある木のおもちゃは色落ちに注意が必要です。

除菌シートやスプレーは必ずアルコール無添加のものを使用し、少しずつ試しながら拭き取るようにしてください。

木のおもちゃの消毒方法まとめ

この記事では、木のおもちゃの消毒方法を紹介しました。

  • 陰干しして乾燥させる
  • アルコール無添加の除菌シートやスプレー拭く

木のおもちゃは日々のお手入れをしっかりすることで、長く遊べます。

お下がりをもらったときも、ぜひ試してみてくださいね。

おもちゃのお手入れが難しいと考える方は、おもちゃのレンタルを利用することも検討してみましょう。

トイサブを始めとした各社ともに、消毒方法、洗浄方法は安心できますよ。

シェアをよろしくお願いします!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次