サイトワーズとは?勉強方法を紹介

サイトワーズ
  • サイトワーズって何?
  • サイトワーズの勉強方法は?
  • サイトワードリーダーズは何歳から?

英語圏の子供達も必ず勉強する、重要頻出単語のサイトワーズ。

サイトワーズは絵本であるサイトワードリーダーズで学ぶのが効果的ですよ。

本記事では、サイトワーズの概要やサイトワードリーダーズが何歳から使えるかまで詳しく解説しています。

目次

サイトワーズとは?

サイトワーズとは、sight(視覚の)words(単語たち)。

つまり、パッと見ただけですぐに読めるべき重要な頻出単語の事です。

this,that,I,likeなどがサイトワーズにあたるよ!

これらは英語を文字から学んできた私たちからするとどれも最初に覚える超初級な単語ですよね。

そのため、わざわざ覚える必要のあるものか…?と疑問に思うかもしれません。

しかし最近のおうち英語の主流であるフォニックスから英語を学び始めた子供たちにとっては、これらは少し難しい単語なのです。

というのも、サイトワーズにはフォニックスルールでは読めない単語が多く存在するからです。

文字から音を学ぶフォニックスを身に付けた子供たちは、基本的には初めて見るどんな単語でも読むことが出来ます。

しかし、先程例に挙げた「this」ですが、まさにフォニックスしか知らない我が家の娘に読ませるととぅひぃーすのように発音してしまいます。

サイトワーズには「end」など、フォニックスルールで読める単語もたくさんありますが、一方でフォニックスルールが邪魔してしまい勉強しないと絶対に読めない単語もたくさんあるのです。

知っていないと読めないけれど、よく使われる大事な単語

これこそがサイトワーズです。

日本語で1日を「いちにち」ではなく「ついたち」と読む場合があるというルールに少し似ているかも…?

サイトワーズを学ぶことはフォニックスのデメリット解消法の1つなので、意識的におうち英語に取り入れてくださいね。

サイトワーズの種類

サイトワーズには2つの種類があります。

  1. ドルチワード(Dolch Word)
  2. フライワード(Fry Word)

英語圏の学校でもどちらを採用するかはその学校次第という感じです。

そのため、どちらを学べなければいけない等のルールは一切ありません。

これらの違いを簡単に表にまとめてみました。

ドルチワードフライワード
ワード数3151000
種類名詞を含まない名詞を含む
学び方学年別に難易度別に
各項目クリックでワードリストに飛びます。

表を見て分かる通り、覚えるべきサイトワーズの数がかなり違いますよね。

また、学び方も学年別と難易度別とで違います。

そのため、初めの目標としてはまずドルチワードから覚えるべきでしょう。

2つのワードリストは被っているので、ドルチワードを全て覚えてしまって余裕があればフライワードへ切り替えるスタイルがおすすめです。

サイトワードとフォニックスはどちらが先?

サイトワーズの導入は早すぎない方がいいです。

フォニックスルールは全て覚えている必要はありません。

具体的には、アルファベット26音の出し方がなんとなく分かるくらいのタイミングがベスト!

フォニックスが完璧じゃない状態でサイトワーズを取り入れて良いのかと私も疑問に思っていたのですが、アメリカ現地校の先生曰く「同時に進めるべき」とのこと。

フォニックスで読めない単語もあることを子供に早く教え、サイトワーズの重要性を伝える方が大事だと教えてもらいました。

サイトワーズの勉強におすすめの教材は?

サイトワードの学習方法ですが、実はひたすら覚えるという方法しかありません。

ただ、受験勉強のようにノートに書いて暗記して…という学習方法は子供には辛いものがあります。

というか無理だよね!笑

そこで子供にサイトワーズを覚えてもらうためには

  • 絵本
  • ゲーム
  • フラッシュカード

を使って楽しく自然に暗記してもらうのが1番ですよ。

サイトワードリーダーズを購入しましょう!

サイトワードリーダーズは、サイトワーズを覚えるための絵本です。

英語圏の子供達も実際にこれらを使ってサイトワーズを覚えています。

定番はこちらの25冊のセット。

CDも入っているのでかけ流し教材としても使えます。

\年に1度のブラックフライデーセール!/
Amazonで探す
\楽天BLACK FRIDAYセール!/
楽天市場で探す

以下、絵本でサイトワーズを学ぶ方法を深掘りしていきます。

サイトワードリーダーズは何歳から使える?

サイトワードリーダーズは絵本なので0歳から楽しめます

とは言え、この絵本の目的はサイトワーズを覚える事です。

楽しむためなら何歳からでも大丈夫ですが、サイトワーズを覚えると言う本来の目的で使うならアルファベットや文字を認識し出してからの方が効果的でしょう。

具体的には以下の3つです。

  • 英語が苦じゃない・好き
  • アルファベットが読める
  • フォニックスを勉強している(完璧じゃなくても◎)

これらの条件を満たしていれば、何歳からでも導入を検討して大丈夫ですよ。

逆に、この条件に当てはまらなければまだサイトワードリーダーズを購入するのは早いかもしれません。

Baby English Labなど、英語に親しみやすい絵本を購入する方がおすすめです。

サイトワードリーダーズの口コミ

サイトワードリーダーズの口コミをまとめてみました。

実際に活用しているママたちの意見を参考にしてくださいね。

良い口コミ

サイトワードリーダーズの良い口コミは次の2つです。

  • サイトワーズを学べる
  • 英語の本読みの練習になる

サイトワーズを学べる

サイトワードリーダーズでサイトワーズを覚えてきたという口コミがあります。

導入のタイミングが難しいですが、うまく子供にハマれば自然に覚えられます。

英語の本読みの練習になる

サイトワードリーダーズは1冊がとても薄い絵本です。

1文も短く、英語の音と文字が結びつき始めた子にとっては非常に良い読みの練習になります。

内容も難しくないので子供にも理解がしやすく、読む楽しさを伝えられます。

悪い口コミ

サイトワードリーダーズの悪い口コミは以下の2つです。

  • 読み物としてつまらない
  • 子供が興味を持たない

読み物としてつまらない

サイトワードリーダーズの絵本はハッキリ言って面白い内容ではありません。

単語を覚えるための文章とイラストが書かれている冊子と想像してください。

ただ、これが読みの練習にピッタリなんです。

文字を読めるようになってきたら是非検討してくださいね。

子供が興味を持ってくれない

サイトワードリーダーズは興味を惹きつけるお話ではないので、読みたい!となる子供は少ないかもしれません。

購入して興味がなければ子供の読み書きのスキルが上がるまで放置しても大丈夫です。

興味がないのに無理矢理読んでしまうと子供の英語嫌いに繋がるので様子を見ながら導入しましょう。

サイトワーズはサイトワードリーダーズで習得しよう

サイトワーズは、フォニックスを学び始めた英語圏の子供達も必ず覚える重要単語です。

英語を学んでいるならば必ず学習すべきものだよ!

サイトワーズを覚える方法はいくつかありますが、絵本のサイトワードリーダーズを使って自然に学ぶのが1番おすすめです。

単語を覚えるのが目的の絵本なので、フォニックスや文字を認識し始めた3歳以降に非常に効果的だと言えます。

英語のかけ流しやフォニックス学習と合わせてサイトワーズを学び、子供の英語力を高めていってくださいね。

\年に1度のブラックフライデーセール!/
Amazonで探す
\楽天BLACK FRIDAYセール!/
楽天市場で探す
シェアしてね

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次