プーメリーはいつからいつまで?1年以上使った口コミ・レビュー!

プーメリーはいつからいつまで?
  • プーメリーはいつからいつまで使える?
  • プーメリーはどんな時に使う?
  • プーメリーのプーさん声ってどんなの?

我が家は新生児から、つかまり立ちをする8ヶ月ごろを経て、1歳半ごろまでプーメリーを使い倒しました。

プーメリーは成長に合わせてベットメリー→ジムへ変更できるのが最大のメリット。

そんな考え抜かれた商品だからこそ赤ちゃんの興味を惹きつけ、ママの負担を軽くしてくれるおすすめおもちゃでした!

たくさん画像や動画を使ってお伝えするので、ぜひ購入前の参考にしてください。

簡単にまとめ

メリット
デメリット
  • 使い方豊富で長く使える
  • 収録されてる曲・効果音が豊富
  • おむつがえの寝返り対策に
  • 1人遊びをしてくれる
  • つかまり立ちをしても安心な設計
  • 人形を取り外しておもちゃとしても遊べる
  • 電池の消耗が早い
  • 寝かしつけになるかは個人差がある
  • 価格が高い
目次

プーメリーってどんなおもちゃ?

公式サイトより

プーメリーの正式名称は「くまのプーさん えらべる回転6WAYジムにへんしんメリー」

名前の通り、6通りに姿を変えながら成長に合わせて長く使えるおもちゃです。

プーメリーの概要

プーメリーの概要を表にまとめました。

正式名称くまのプーさん 6WAYジムにへんしんメリー
メーカータカラトミー
対象年齢0ヶ月のねんね期〜
使い方6WAY
・ベッドメリー
・フロアメリー
・ナイトメリー
・おねんねジム
・おすわりビジー
・つかまり立ちジム
素材プラスティック製
お手入れぬいぐるみのみ手洗い可
(ぬいぐるみ以外は拭き取り)
使用電池単2アルカリ乾電池3本
価格12,300円(税込)

0ヶ月のねんね期はベッドメリーとして、おすわりができる7ヶ月ごろにはおすわりビジーとして、姿を変えながら遊べるのがプーメリーの最大の特徴。

組み立ても簡単で購入後すぐに遊ぶことができます。

また、音楽を流すとランダムでプーさんの声も聞けます♩(公式動画にプーさんの声あり)

プーメリーの知育効果

プーメリーはメリーとジムに変身できるので、その分知育効果もたくさんあります。

  • メリーのとき:視覚や聴覚の発達
  • ジムのとき:ボタンを押して指先を鍛える

月齢が低いうちから鍛えたい、五感の発達に役立ちます。

プーメリーはいつからいつまで使える?

プーメリーは、0ヶ月のねんね期から歩き出す1歳半ごろまでの約1年半、毎日活躍してくれました。

実際の写真と合わせて月齢別の使い方を紹介します。

生後0〜3ヶ月:ベッドメリーを目で追いかける

生後0〜3ヶ月のねんね期はベビーベッドに取り付け、ベッドメリーとして使用しました。

生後1ヶ月にもならない頃から徐々に「お!見てる見てる!」という瞬間も。

まだ目や耳が未発達な時期でも見てくれるんだと驚きました。

生後2~3ヶ月になるとメリーを目で追うようになったり、音楽を鳴らすとご機嫌になったりしていましたよ。

生後4〜7ヶ月:フロアメリー・おねんねジムとして遊ぶ

プーメリー

生後4ヶ月前ごろに寝返りができるようになったので、ベッドメリーからフロアメリーに変身させました。

くるくる回るメリーを眺めたり、寝返りしておもちゃを舐めたりして過ごしました。

その後、おねんねジムに変身。

プーメリー
プーメリー

ぶら下がるぬいぐるみをつかんだりボタンを押して音楽を鳴らして遊びました。

生後8ヶ月〜:立ちジムでつかまり立ち練習

プーメリー

ズリバイ・ハイハイを経て、つかまり立ちをする時期に立ちジムに変身。

掴みやすく、ジム自体がしっかり安定しているので、つかまり立ちの練習も安心してできます!(手を離しての転倒には注意が必要です)

1歳過ぎ、しっかり立てるようになるとジムはたちまちDJブースに。

上機嫌で音楽を変えて遊んでいましたよ。

このように気づけば0ヶ月の新生児のころから、1歳半までほぼ毎日使っていました。

0歳で買ってよかった長く使えるおもちゃに選出されるほどのおすすめ知育玩具の1つです。

プーメリーのデメリットは?

我が家では約1年半の間ほぼ毎日使うほど大ヒットなプーメリーでしたが、もちろんデメリットもあります。

プーメリーのデメリットは3つ。

  • 電池の消耗が早い
  • 寝かしつけになるかは個人差がある
  • 価格が高い

電池の消耗が早い

公式の電池充電参考は、アルカリ電池で約20時間です。
※明るめライトで最大音量にて連続使用した場合

音楽を鳴らす頻度や、メリーを回す頻度によってまちまちですが、よく使うご家庭だと月に1回ペースで電池が切れるという口コミも。

また、プーメリーは単三電池ではなく、「単二電池×3本」なので注意が必要です。

寝かしつけになるかは個人差がある

▽寝かしつけになったという口コミ

▽寝てくれない!という口コミ

我が家は、プーメリーでは全然寝ない子でした。

なので「プーメリー見てたら勝手に寝た!」「寝かしつけに欠かせない」という口コミが多くあることにびっくり。

寝かしつけに役立つかどうかは個人差がありますが、反対に「楽しくなっちゃって寝てくれない!」というほどの威力もあるプーメリー。

いずれにせよ赤ちゃんにとって心地の良いおもちゃである証拠ですよね。

価格が高い

プーメリーは価格が高いという口コミも。

確かに、定価12,300円(税込)はちょっとお高めですよね….

しかしこのプーメリー、店舗で購入すると定価での販売ですが、

  • Amazon:8,100円(税込)前後
  • 楽天:8,200円(税込)前後

となんと定価より39%もお安く購入できます。(さらに送料も無料)

1年半使用すると仮定して月々に換算すると450円程度!

プライム会員なら翌日配送もしてくれるので、ネットで購入するのがおすすめです。

プーメリーのメリットは?

プーメリーのメリットは6つもあります。

  • 使い方豊富で長く使える
  • 収録されてる曲・効果音が豊富
  • おむつがえの寝返り対策に
  • 1人遊びをしてくれる
  • つかまり立ちをしても安心な設計
  • 人形を取り外しておもちゃとしても遊べる

使い方豊富で長く使える

プーメリーは名前の通り6WAYでお子様の成長に合わせて形状を変えながら長く使えます。

安い買い物ではないので、一時期で使わなくなった…なんてことにはなりたくないですよね。

ベストセラーでママの評価も高いプーメリーなら安心です。

収録されてる曲・効果音が豊富

収録されている曲・効果音は全部で37種類!

プーメリー収録音
公式サイトより画像引用

たくさんあるのでお子様の好きな音や音楽がきっと見つかるはず。

ずっと同じ音楽を流さずに遊べるので飽きがこないですよ。

おむつがえの寝返り対策に

おむつがえの寝返り対策にぴったりハマってくれました!

プーメリー

寝返りができるようになってからはコロコロコロコロ動き回るように。笑

嬉しい反面、おむつがえのときは正直「あー!まだ途中だよー!」と困っちゃうので、プーメリーで注意を引いているうちにささっと変えられるので本当に大助かりしています。

1人遊びをしてくれる

ベッドメリーの時もジムに変身してからも、1人遊びをしてくれる時間が格段に増えました。

1人遊びしてくれる時間があれば、ママは一息ついたり家事をすませることができて嬉しいですよね。

つかまり立ちをしても安心な設計

つかまり立ちジムに変身すると体重をかけても倒れにくい設計で安心です。(もちろん、赤ちゃんが手を離して床に倒れる心配はあるので側で見ててあげましょう!)

人形を取り外しておもちゃとしても遊べる

プーメリーはプーさんなどの人形は紐でつけているだけなので取り外しが可能です。

プーメリー

プーさんにはリングが付いているので歯固めのように舐めたり食べたりして遊んでいます。

ぬいぐるみは手洗いも可なので衛生面も安心ですよ。

プーメリーは出産前から購入しておこう

この記事ではプーメリーがいつからいつまで遊べるのか?という視点で解説しました。

メリット
デメリット
  • 使い方豊富で長く使える
  • 収録されてる曲・効果音が豊富
  • おむつがえの寝返り対策に
  • 1人遊びをしてくれる
  • つかまり立ちをしても安心な設計
  • 人形を取り外しておもちゃとしても遊べる
  • 電池の消耗が早い
  • 寝かしつけになるかは個人差がある
  • 価格が高い

プーメリーは、0ヶ月から1歳半ごろまでとっても長く遊べるおもちゃです。

「新生児なんてまだ目や耳が未発達で、おもちゃなんて与えても遊べないのでは…?」と思っている方も多いはず。

しかし、プーメリーは新生児でもじーっと見て遊んでいたので、退院後すぐから使用できるように、できれば出産前に購入しておくのがベストです。

プーメリーは変形しながら長ければ1歳半頃まで使用できるので、結果的にとてもコスパのいいおもちゃでした。

Amazon・楽天などのネットなら、定価の39%オフのお値段で購入できるのでぜひ検討してみてくださいね。

シェアをよろしくお願いします!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次