トイサブ5,000円OFFキャンペーン中

フォニックスは意味ない?いらないと言われる理由は?

フォニックスは意味ない
  • フォニックスってそもそも何?
  • フォニックスは意味ない?いらない?
  • フォニックスを学ぶメリットは?

幼児の英語教育に重要と言われている「フォニックス」

一方で「フォニックスなんて意味ない」という意見もあるんですよね。

という事で、おうち英語に力を入れている仲間に意見を募ってみたら…

と即答されました(笑)

ということで、今回は「フォニックスは意味ない?いらないと言われる理由は?」と題して、フォニックスの概要から得られる効果まで詳しく解説します。

すでに知ってるよ!という内容もあると思うので、目次の読みたいところから読んでくださいね。

目次

フォニックスとは?

フォニックス
フォニックスとは…?

フォニックスとは英語の音と文字の関係性を学ぶ音声学習法です。

例えばABCをアルファベットで読むとエービーシー。フォニックス読みをするとアブクとなるよ

このアブク読みを全て覚え、初めて見る英単語でも音が推測でき読めるようになるのがフォニックス学習の効果です。

ネイティブの英語の音の出し方を学ぶので発音もとてもキレイになります。

1つ、dogという例を挙げましょう。

こちらの単語をアルファベット読みしても「ディー・オー・ジー」となって意味を為しません。

対してフォニックス読みをすると「ドッ・ア・グ」

素早く読むとドッグ(dog)と発音出来ます。

このように、dogという単語の読み方を知らなくても1つ1つの音から推測して読むことが出来ます。

また、初めて聞く英単語でも音を聞くだけでスペルが書けるようにもなります。

つまりdogという綴りを知らなくても、その音を聞くだけで素早く「ドッ・ア・グ」と分解してdogというスペルを推測できるのです。

dogは簡単ですが、itinerary(旅程)やsphygmomanometer(血圧計)などの長く難しい英単語でもフォニックスを身に付けていれば音からスペルを導き出せます。

私たち親世代は英語学習をする際には発音記号を見て読み方を覚えていましたよね。

または単語の綴りだけ必死に書いて覚えたものの実際の読み方は知らない…というケースも多いはず。

小さい頃にフォニックスを身につければそんな事態には陥りません。

どんな英単語も発音でき、発音から推測してどんな英単語でも書くことができます。

フォニックスを学習すれば、発音がキレイになる&知らない単語でも読み書きできるという英語の力を習得できるんだね!

フォニックスが意味ない?いらないと言われる理由は4つ

フォニックスは多くの英語学習者に支持されていますが、中には否定的な意見もあります。

フォニックス学習が意味ないと言われる理由は主に以下の4つです。

  • フォニックスだけ学習しても英語は喋れないから
  • フォニックスを学んでも7割の単語しかカバー出来ないから
  • 日本語発音カタカナ読みで勉強してしまうから
  • 日本人は英語の音を十分に聞いていないから

1つずつ解説します。

フォニックスを習得しても英語が喋れるようになるわけではないから

フォニックスとは英語の音と文字を繋げるための学習法です。

そのため、フォニックスを習得しただけでは英語を話せるようになれません。

なんで?知らない単語が読み書き出来て発音が良いならもうネイティブじゃん!

残念だけど、それだけじゃあ英語を話せるとは言えないよね。

他にも単語や文法、語法などを学ぶ必要があります。

発音やスペリングが完璧だと英語4技能全てにプラスの効果をもたらしますが、フォニックスさえ学習すれば英語が話せるというのは誤解です。

フォニックスでカバーできる単語は全体の7割ほどだから

フォニックスさえ習得すれば全ての英単語を読めると思いがちですが、実はフォニックスのルールでカバーできる英単語は全体の7割ほどだと言われています。

つまり、フォニックスを習得しても全ての英単語を読めるようになるわけではないのです。

せっかくフォニックスを習得しても全ての英単語が読めないんじゃ意味がないのでは?と言う否定的な意見はよく聞かれます。

この問題、ネイティブの子たちはどうしているの?

例えば「I」とか「do」とか、フォニックスルールに当てはまらないけれど良く使う単語は別で覚えちゃうんだ。

解決策はサイトワーズ(sight words)

フォニックスのデメリットを補う解決策として、ネイティブの子供達はサイトワーズ(sight words)を学びます。サイトワーズを簡単に言うと、フォニックスルールに当てはまらないけれどよく使う大事な単語だから一目見て分かるように覚えておこうね、という単語たちのこと。フォニックス学習を取り入れるなら必須の学習となりますが、こちらも教材がいくつかあるので楽しく覚えることが出来ます。

フォニックスを日本語発音カタカナ読みで学習してしまうから

フォニックス学習でなにより大事なのは音です。

しかし、もしフォニックスをカタカナやひらがなで教えたり、非ネイティブのパパママが発音をして子供に真似させているのなら学習効果はほぼないでしょう。

子供の理解を助けるためにカタカナ表記で教えた方が分かりやすいのでは?

そう思うよね。でも、本来フォニックスはカタカナでは表せない音だから…。

カタカナで教えてしまうと結局カタカナ発音しか出来ない=正しい発音が出来ないことになるので教える意味がそもそもありません。

カタカナ読みでフォニックスを覚えてしまわないように、必ずネイティブの音が聞ける教材を使用するのが解決策です。

英語の音が不十分な日本人にはフォニックスの学習効果が低いから

フォニックスは英語の音を十分に聞いていない日本人には効果がないという否定的な意見もあります。

ネイティブの子供達は赤ちゃんの頃からたくさんの英語の音を聞いてるよね。だからフォニックスで発音のルールを学ぶと瞬時に音と文字が結び付いて高い学習効果があるんだけれど…

対して多くの日本人は英語の音を聞く機会なんてほぼない・英語の音が蓄積されていない状態です。

そんな日本人がいきなり英語の発音のルールを覚えても、結びつく音がないのでネイティブの子供たちほど学習効果はないという風に言われています。

解決策は聞き流し

英語の音を聞く機会をたくさん増やせばフォニックスの学習効果は高まります。フォニックス学習に興味があるなら小さな時からの聞き流しでたくさんの英語の音を子供に聞かせましょう。

フォニックスのメリットとは?

フォニックス学習に否定的な意見もありますが、フォニックス学習をするメリットの方が上回るのではないかという意見の方が多いです。

英語学習に必須なフォニックスを幼児期に取り入れるメリットは以下の通りです。

  • リズムや歌に合わせて幼児でも楽しく取り入れられるから
  • 知らない単語を1人で読めるようになるから
  • ローマ字を知る前に本物の英語の基礎が身につくから

1つずつ解説していきます。

フォニックスはリズム遊びや歌に合わせて幼児でも楽しく取り入れられるから

フォニックス学習は、手遊びや歌などを使って遊び感覚で取り入れられます。

机に座ってガリガリ勉強しなくても身に付けられるものなので、おうちでの遊びの1つとして簡単に出来るのが魅力です。

幼児期は「楽しい」が原動力。

気づいたらできるようになっていて、達成感や自己肯定感を満たせるのも最高です。

フォニックスを知っていると知らない単語も1人で読めるようになるから

フォニックスを身に付けて単語をいくつか学べば自分で本を読むことが出来ます。

多読は英語学習で最も効果があると言われている勉強法の1つ。

子供にたくさん英語の本を読んで欲しいならフォニックスは導入すべきですね。

ローマ字を知る前にフォニックスを学べば本物の英語の音が身につくから

フォニックスは大人でも学習効果がありますが、ローマ字をまだ知らない幼児にこそ学んで欲しいものです。

ローマ字(カタカナ読み)の前にフォニックスを学習すれば、本物の英語の音が身に付きます。

学校でローマ字を習う時に混乱してしまうというデメリットもありますが、逆に英語の本当の読み方を習得出来ているという大きなメリットを獲得します。

フォニックスは意味ない?いらないと言われる理由まとめ

今回は「フォニックス学習が意必要ないと言われている理由は以下の通りです。

  • フォニックスだけ学習しても英語は喋れないから
  • フォニックスを学んでも7割の単語しかカバー出来ないから
  • 日本語発音カタカナ読みで勉強してしまうから
  • 日本人は英語の音を十分に聞いていないから

このようにフォニックス学習に否定的な意見もあります。

しかし正しい教材を使ってフォニックスを学習するとこんな効果が。

  • 知らない単語でも読み書きできる。
  • 1人で洋書が読めて多読につながる
  • 発音が良くなることで全体的に英語力が上がる
  • ローマ字を知る前に本物の英語の音が身に付く。

フォニックスは発音が良くなるだけじゃなく、英語の4技能にそれぞれプラスの効果をもたらし英語力を底上げしてくれます。

勉強と意識する前から楽しく取り入れられるものなので、おうち遊びの1つとして気軽に取り入れてみて下さいね。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
1番上へ
目次
閉じる