トイサブ5,000円OFFキャンペーン中

100玉そろばんはいらない?デメリットは?おすすめ商品も紹介

100玉そろばんはいらない?
  • 「100玉そろばんはいらない」って聞くけど…
  • モンテッソーリで有名な100玉そろばんのデメリットが気になる!
  • おすすめの100玉そろばんが知りたい

モンテッソーリ教育でも使われる知育玩具の100玉そろばん。

子どもにも買ってあげたいと思っても「100玉そろばんいらない」という声を聞くと悩んでしまいますよね。

この記事では100玉そろばんの知育効果、メリット・デメリットを解説していきます。

目次

100玉そろばんってなに?

100玉そろばんとは

100玉そろばんは100個の玉を動かして遊ぶ知育玩具です

玉を動かしながら数を視覚的に学べるので、小さい子の数の勉強に役立ちます。

100玉ってどうやってつかうの?

100玉そろばんは玉を左右に動かして使います。

10コ×10列=100までを数えたり計算したりするおもちゃです。

1歳頃までは親が数を数えながら玉を動かしてあげて遊びます。

2歳以降は親出した問題を解いたり、数について説明したりしながら使っていきます。

小学校の頃になると計算問題を解くための補助教材としても活躍しますよ。

100玉そろばんで得られる知育効果は?

100玉そろばんで遊ぶと次のような知育効果が得られます。

  • 算数に強くなる
  • 指先が器用になる

100玉そろばんで遊ぶと算数に強くなります

遊びながら数の概念・数の数え方が視覚的に学べ、早い子では幼稚園生で四則演算が理解できるようになります。

算数は苦手意識が生まれやすいですが、できる子はどんどん伸びる教科です。

遊びながら数に親しめる100玉そろばんは、かなり優秀な知育玩具です。

また100玉そろばんで遊ぶと指先が器用になります

小さい玉を指でつまんで動かすので、指先が自然と鍛えられていきますよ。

100玉そろばんはいらない?

「100玉そろばんはいらない」という声もありますが、次のような理由が原因のようです。

  • 年齢が高くて使いにくい
  • 置き場がない
  • 一人遊びに向いてない

年齢が高くて使いにくい

100玉そろばんは結局買い与えるタイミングによって合うものが違うってことなのかな、と。小学生で足し算引き算がうまくいかないときに使う教具なら卓上サイズで文字盤あるほうがよさそう。

引用:Twitter

年齢が高くなると「100玉そろばんは使いにくい」と感じることがあります。

自分の机で使うには100玉そろばんは大きく、ノートを開くスペースが取れなくなってしまいます。

机の上で使うことがメインであれば

  • 小さい100玉そろばんを選ぶ
  • 他の教材を利用する

ことをおすすめします。

置き場がない

100玉そろばんはサイズが大きいために、購入を躊躇してしまう方も多いようです。

100玉そろばんはまだ指先が上手に使えない子でも遊べるように設計されているので、大きい商品が一般的となっています。

置き場ばかりを考えて小さい100玉そろばんを買ってしまうと、小さい子は上手に動かせずストレスになってしまいます。

指先の器用さも考えながら選んであげてくださいね。

幼稚園生であれば、机上で使うことを見据えて小さめの100玉そろばんを選ぶのもおすすめです。

一人遊びに向いてない

100玉そろばんは一人遊びには向いていません。

一人遊び用のおもちゃが欲しい人には100玉そろばんはおすすめできません。

100玉そろばんは親と一緒に考えながら遊ぶ知育玩具です。

数についてまだよく分からないお子さんだと、玉を左右にただ動かすだけで全く面白くないでしょう。

親が問題を出したり、一緒に解いたりすることで100玉そろばんの知育効果は発揮されますよ。

100玉そろばんのデメリットは2つ

100玉そろばんのデメリットは次の2つです。

  • 場所をとる
  • 飽きやすい

場所をとる

100玉そろばんは大きめのおもちゃなので場所をとります。

折りたたむこともできないので、収納場所に困ってしまうこともあります。

大きさが心配な場合は小さい100玉そろばんもあるので、そちらを検討してみてくださいね。

飽きやすい

100玉そろばんは玉を左右に動かすだけなので、飽きやすいデメリットもあります。

特に一人で遊ぶことが多いと、遊びが単調になるのですぐに飽きてしまいます。

100玉そろばんは親子で遊びながら学ぶ知育玩具です。

親が問題を出して一緒に遊ぶ機会が多いと長い間遊べますよ。

100玉そろばんのメリットは4つ

100玉そろばんのメリットは4つあります。

  • 数を視覚的に理解することができる
  • 色あざやかでかわいい
  • 幼少期から計算に触れられる
  • 長く使うことができる

数を視覚的に理解することができる

100玉そろばんは数を玉で表しているので視覚的に理解できます。

そのため100玉そろばんを使えば、「5と5で10」「3と7で10」というような、10の合成や分解を小さいうちから理解できるようになります。

算数の基礎となる力が遊びながら養えますよ。

色あざやかでかわいい

100玉そろばんはカラフルでかわいいです。

ほとんどが木製なのでインテリアとの馴染みも良いです。

商品によって色合いも異なるので、インテリアとの調和で選んでもいいですね。

幼少期から計算に触れられる

100玉そろばんを使えば、幼少期から計算に触れられます。

計算力は筋トレと同じように、鍛えれば鍛えるだけ早く正確になります。

幼少期から数や計算に触れておくことで、小学校以降の学習でつまづきにくくなりますよ。

長く使うことができる

100玉そろばんは長い間使えます。

使い方が細かく決められていない分、レベルに合わせて使い方が変えられます。

小学校の勉強にも使えるおもちゃは100玉そろばん以外なかなか見つかりません。

100玉そろばんはいつからいつまで使える?

100玉そろばんは0歳~小学生くらいまで使えます。

年齢別の使い方は次の通りです。

年齢使い方
0~1歳・玉を動かして指先を鍛える
・親が数を数えながら玉を動かす
2~3歳・玉を動かして数える練習
・数のかたまりを親と学ぶ
4~6歳・足し算・引き算に触れてみる
・親が問題を出して答える
7歳~・先取り学習の理解を深めるため
・つまづいた問題を分かりやすく教える

このように100玉そろばんは10年以上も使えます。

小さい頃は遊びながら数に親しみ、算数の基礎力を高める知育玩具として。

小学校以降は先取り学習やつまづいた時の復習で活躍しますよ。

100玉そろばんのおすすめは?

100玉そろばんのおすすめはこちらの2つです。

トモエそろばん

100玉そろばんの中でも人気なトモエそろばんは、軽く耐久性が高いのが特徴です。

赤ちゃんが認識しやすい赤と黄色で5玉ずつ色分けされています。

どれを買おうか悩んでいる人はトモエの100玉そろばんを選べば間違いありません。

七田式百玉そろばん

しちだ・教育研究所

知育教育で有名な七田式が手掛けた100玉そろばんです。

背面に数字が書いてあるのが特徴で、一人でも数の勉強がしやすくなっています。

カラフルな色で子どもに人気があります。

おもちゃレンタルで借りる

100玉そろばんはおもちゃのレンタルで借りれます。

トイサブイクプルでリクエストしてレンタルする人も多いです。

  • 子どもが遊んでくれるか不安
  • 収納に困る

このような不安がある場合は、とりあえずレンタルしてみるのをおすすめします。

>>おもちゃのレンタルサービスを確認する

まとめ│100玉そろばんはいらない?デメリット

100玉そろばんのメリット・デメリットについてまとめます。

デメリット
メリット
  • 場所をとる
  • 飽きやすい
  • 一人遊びに向いていない
  • 数字を視覚的に理解できる
  • 色あざやかでかわいい
  • 幼少期から計算に触れられる
  • 長く使うことができる

100玉そろばんは数を学ぶのにおすすめの知育玩具です。

親子で上手に遊びながら算数の基礎力を高めていってくださいね。

どれにしようか悩んでいる人は、ロングセラーのトモエの100玉そろばんがおすすめですよ。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
1番上へ
目次
閉じる